March 27, 2013

新生「歌舞伎座」へいざ!

2013年3月27日(水)


 涙、涙の 閉場式 から待つこと2年11カ月。

 本日、歌舞伎座開場式に行ってまいりました!!!

20130327_01

20130327_02

20130327_03

(着物は、閉場式で着たのと同じものにしてみました)

20130327_04

(そしてコレも、 お約束

 新開場にあたっての吉報&悲報を、少しだけメモ。オフィシャル情報としてあまり上がってこない、幕見情報を中心に。

【吉報】

1.舞台がよく見えるようになりました!&一幕見席について

 公式にいわれているのが「1階席の柱撤去」と「2、3階席の勾配の見直し」。せっかく大奮発した1階席だったのに柱がジャマ! という、あのやり場のない悲憤ともこれで晴れてオサラバ~です。2、3階席も自分の座高や前の方の後頭部を気にすることなく、演目に集中できるようになりました! ありがたや~!

 でも一番気になるのはやっぱり、幕見です(笑)。

 開場式当日は幕見席には入れなかったので、3階席の一番上まで登ってチェックしてきました。

 3階席最上段の座席前に、身長150センチのわたしが立った状態(高さとしては幕見席前後2列の前列の人が身を乗り出しているくらいのイメージ?)での、舞台の見え方は・・・

 最も上手側からは、こんな感じ:

20130327_05

 最も下手側からは、こんな感じ:

20130327_06

 そうなんです、これだけ見えればもしや、スッポンがそれなりに見えるのでは? 助六の舞も、全部とはいわないまでも、、、期待できるでは???(←いや、コレは希望的観測かも・・・)少なくとも以前ほど、花道見たさに幕見最上手の席を確保すべく真剣になる必要は、なくなるかも(嬉)

 幕見情報を追記すれば、4階まで直通エレベーターもできました。体力勝負の急階段猛ダッシュから、これで解放されます。若い時分にはそのアドバンテージを最大限発揮していい席を頂戴したものですが(←ひどすぎ)、いまはもう息が切れちゃって・・・文明の利器よ、ありがとう。

 そしてもうひとつ、幕見のチケットは入場番号制になるそうです。一般の売場ではなく、幕見席入口わきの一幕見席切符売場で当日のみ販売、という点に変更はないようですが、チケットの入場番号にしたがって開演のおおよそ15~20分前に4階入場口から入場というスタイルになったのだとか。勘三郎丈の野田歌舞伎(八月納涼の第三部)が観たくて朝から8時間ぶっ続けで並んだこともある自分としては、これは朗報です。以前はまずチケットを押さえるために並び、購入後は早い入場順を確保するため即階段を駆けあがったりしなければならなかったワケですが、少なくとも一度は歌舞伎座前を離れて銀ブラ(いや、お弁当を選びにゆくくらいかな?)できるようになった模様。あ、でも販売開始時間が従来どおり入場と間がないようなら、そうともいえなかったりするのかな。あの長時間の行列で歌舞伎通の方々から受けたご講義には忘れ得ぬものがあるゆえ、自身にとって苦にはなりませんでしたが、体力的にもスケジュール的にも延々と並ぶのは厳しいというファンにとって、この改革が救済策となり得るかしらん。なお販売時間や金額等、詳細は通常、初日10日ほど前から案内開始とのこと。来月公演についてはいまだ発表がないようですが、そのあたりは引き続き要注目ですね。

※歌舞伎座チケット情報 公式サイト:
 http://www.kabuki-za.co.jp/ticket/

※追:松竹さん公式サイト 一幕見席のチケット&サービスについて:
 http://www.shochiku.co.jp/play/kabukiza/about/facility_makumiseki.pdf

2.バリアフリー化されました!

 駅の改札を出たところから、エスカレーターやエレベーターで階段を使わずに移動できるように! 車いすスペースもできたそうです。また大間(エントランスホール)の階段は非日常への入口ということで残されましたが、スロープが併設されています。既述ですが、4階の幕見席にも直通エレベーターで上がれるようになりました!

 エスカレーターも、段々にいたるまでほのかに朱がかってます。

20130327_07

 エレベーターも、かわいらしかったです。

20130327_08

3.トイレが広くなりました!

 こーんなに広くなって! ちなみに写真は3階の女子トイレ。

20130327_09

 入口と出口が分けられて一方通行になり(出口側には中からしか開かない自動ドアを設ける徹底ぶり)導線まで計算されているので、幕間の「早く、早くー」の焦燥感がおかげさまで和らぎそう。

 一番広いのは地下1階のものだそうです。実は開場式当日も、混む階のお手洗いは、やっぱりそれなりに並んでました。エスカレーターで移動できる方は、空いている階のトイレを利用するのも一策かと。

 ついでにいえば(?)パウダールームや喫煙所も完備。パウダールームには小さなお流しもあったし、ちょっとしたメイクなおしなら、お手洗いの人ごみに突入してゆくこともなくなるんですね。

20130327_10

20130327_11

【悲報】

1.カレー屋が、なくなりました。

 3階席でお世話になった歌舞伎座名物の カレー が、なくなってました。。。絶対にまた食べたくて、歌舞伎座の建て替え時アンケートにも 「カレー屋さんは残してください」 って書いたのに(涙)さみしいなぁ。

 でも、建て替えについての悲報は、このくらいです。第5代の歌舞伎座は先代の雰囲気をそのままに、活かせる技術はふんだんに取り入れて、まさに新生歌舞伎座!ここにあり! でした。

 愛しの歌舞伎座、これからも素敵な舞台を何卒☆よろしくお願い申し上げます!

20130327_12


オマケ1:大好きスポット「花道くぐり」も健在でした!

20130327_13

オマケ2:地下鉄東銀座駅を降りて歌舞伎座方面へ向かうと、地下2階にあたる場所に「木挽町広場」がどどーん。歌舞伎座一般席の切符売り場のみならずお土産ものやさんやお弁当やさん、限定グッズてんこもりのコンビニが四方を囲み、仲見世っぽい雰囲気が素敵。銀座・築地観光の情報を発信する地域情報センターがあるほか、地震などの災害時には帰宅困難者受け入れ施設にもなるのだとか。

20130327_14

そして木挽町広場でお土産に購入した「いろはきんつば」。焼き立てだったから、汗かいちゃいました!先代歌舞伎座の時には出店があったりなかったり、不定期での販売だったと記憶していますが、常設になったというのはうれしい限り。

20130327_15

20130327_16


追記:3階席に「想い出の歌舞伎俳優」の写真が飾られているのは先代歌舞伎座と同じく。新たに加えられてしまった名優たちを前に、涙ぐむファンも多かったです・・・富十郎丈、芝翫丈、雀右衛門丈、勘三郎丈、團十郎丈よ、永遠に。新生歌舞伎座を、天から見守っていてください。

20130327_17

20130327_18

【記事の修正について】3月28日(木)夜、新旧の情報を加筆修正するなど若干の変更を行いました。ご了承くださいませ。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 03, 2011

◇ この夏のくらし方 ―ふるえる地球と仲良くしよう― ◇

2011年5月3日(火)


 本日(5月3日)~5日まで、我が故郷・横浜の 港の見える丘公園 にある イギリス館 で、

 ただすのもり環境学習研究所 緊急特集

 ◇ この夏のくらし方  
   ―ふるえる地球と仲良くしよう― ◇

 というイベントが開催されます。

 電力不足に直面するこの夏をどうやって過ごしたらいいのかしらん? そのヒントがきっとあるはず(詳細は下記をご参照ください)。

 ちかぞうもコチカゾウと一緒に、訪ねる予定です。ハマッコ自慢の、バラ園も見ごろですって~。皆さまもぜひ~♪


☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  

  ただすのもり環境学習研究所 緊急特集

      ◇ この夏のくらし方  
         ―ふるえる地球と仲良くしよう― ◇

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★


東日本震災の影響で、
この夏乗り越えなければならない課題はいっぱい。

電力会社の暴力的な無計画停電に負けないために
私たちはいま、何をすればいいのでしょう?

ただすのもり環境学習研究所では
日本の風土に根付いた先人の知恵を現代に活かしながら、
この夏をクールに過ごす、
 環境にもいい生活スタイルを提案していきます。

毎年、GWに横浜山手、イギリス館で開催している
ただすのもりの展示とミニセミナー
今回は、緊急特集として
夏を楽しく、「浴衣地シャツ」の展示や試着、
「京町家に見る夏を涼しくする工夫」と
「災害に負けない雨水活用」のパネル展示
そして
「暴力停電に負けない」トークセッションを開催します。

どうぞ、来て、感じて、語ってください。


と き 5月3日(祝・火)~5日(祝・木) 10~17時
       ※ トークセッションは随時開催

ところ 横浜市イギリス館 2階集会室
      横浜市中区山手町115-3
       TEL 045-623-7812
      みなとみらい線元町・中華街駅下車 徒歩15分
      横浜市バスあかいくつ 港の見える丘公園下車 すぐ
参 加 無 料

主 催 ただすのもり環境学習研究所

協 力 一般社団法人日本リ・ファッション協会

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★

  ただすのもり環境学習研究所
      やすねこ事業部
    H P  http://www.geocities.jp/morinoyasuneko/
    ブログ http://ameblo.jp/morinoyasuneko/

☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★  ☆  ★


追記:

 友人のグラフィックデザイナーYUKIさん&ちかぞうの復興支援ポストカードも、ご来場の皆さまにお渡しいただけることになりました。ただすのもりの岳さん、ありがとうございます!

 ちなみに、こんな新デザインのポストカードも登場予定です。

Touhokupostcard1101word


★DESIGN GARDEN 東北関東大震災復興を応援します★
チャリティーTシャツ、エコバッグ、絵はがきを展開するウェブ通販コミュニティーは コチラ !
ちかぞうオリジナルショップへは、ブログ左側(似顔絵下)のバナーからどうぞ!

★イラスト仲間・トキシンさんの復興支援チャリティーTシャツ★
釣りファンなら見逃せない! 時川真一×ルアーマガジンソルト復興支援チャリティーTシャツも絶賛発売中! 詳しくは コチラ !

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2010

この国で、伝えられてきたもの~こどもの日に寄せて~

2010年5月5日(水)


 先月末にも書きましたが、歌舞伎座閉場式。

 この日は絶対、和服を着てゆこう。そう心に決めて当日を迎えました。

 記念すべき日の身拵えは、祖母が衝動買いを泣いて祖父に詫びた、四角柄に濃淡異なる藍と紅がほどこされた大島に、同じく若い時分の祖母が一番気に入っていたという落ち着いた薄茶の、お公家さんの野遊びを映したと思われる手刺繍の帯。そしてその上に、祖父が娘時代の母と買い物をしていて、ふたりで一目ぼれをしたという、薄桃、薄水、薄紫に彩られた5弁の花がやわらかくも華やかに咲く、総しぼのお羽織を重ねました。

 祖父はすでに他界、また祖母は長いこと病院に入っており、観劇はおろか外出すら難しくなってしまいましたが、ひょっとしたら(いえかなりの確率で)祖母はこの大島を着て、木挽町の地でご贔屓の役者さんたちに拍手を送ったかもしれず、そこには、もしかしたら祖父も一緒だったかもしれません。歌舞伎を愛し、歌舞伎座を愛し、わたしに古典芸能の世界への扉を開いてくれた祖父母の想いと共に、思い出の地にお名残ができたのではないかしらん。そんなことを思いながら、最後の歌舞伎座に座っていました。

 人から人へと、大切に手渡されてきた歌舞伎、そしてお着物だからこそ、このちょっぴり切ないけれど、あったかい気持ちがある。伝統、というモノの意味とか、意義とかは正直わからないところもあるけれど、でももうこの気持ちだけで、先人の皆さんたちに 「守ってきてくれてありがとう」 と、叫びたくなりました。

 コチカゾウもこの大島で、歌舞伎に、ゆくのかな。

 この国で、伝えられてきたものを、こどもたちに伝えてゆきたい。そんなことを強く、強く思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2004

『地球はとっても丸い』 創刊!

2004年11月3日(水)


 11月3日の文化の日 「 海外書き人クラブ 」 のメルマガ第2弾!

 『 地球はとっても丸い 』

 ( 登録 & サンプルは コチラ )

 が創刊になりました!!! ぱちぱちぱちぱちぱちぱち♪♪♪

 世界約50カ国に散らばるライターが、それぞれの地で目にしたこと、手にしたぬくもり。こんな今だからこそ、わたしたちの暮らすこの地球が、とっても丸いことを伝えたい。編集スタッフ一同、その気持ちを笑いアリ、涙アリ、もちろんプロならではの情報もアリアリ、でお届けしたいと思っています。

 ときには一日何十通ものメールによって、ディスカッションにディスカッションを重ねた自信作。損はさせませんぞ!

 ぜひ、ご購読くださいませ。

| | Comments (0)

August 01, 2004

新郎の羽織のウラには・・・

2004年8月1日(日)


 誰ですか、下心があるだなんて言っているのは?


 本日はだーりんの結婚式の紋付を選びに、貸衣装やさんへ行ってまいりました。

 もちろん新婦はわたしです、うっふっふ ( ← 当たり前? ) 。

 驚きやら大発見やらを重ねつつのんびりと結婚の準備を進めているわたしたち。今日のビックリはちょーっと大きかったです。和装で式を挙げた方ならみなさんご存知のことかと思いますが、新郎のお羽織の裏面って、背中にあたるところにギラギラッと絵が描いてあるんですねえ。そのどれもこれもがエライ勇壮で、虎やら、富士やら、鷹やら、茄子やら。イヤ、さすがになすびは勇ましくはなかったですけれど、とにかくお目出度い図柄が金銀砂子で踊りまくっていて、ニッポンブームのちかぞうと致しましては ・・・

 外は地味だがこだわりは秘めて! びば日本男児!!

 なーんて、なんだか感動しちゃった次第なのでございます。


 ・・・・・・


 が。

 だーりんったら、そんなわたしをニコニコ顔で見つめながら。

「 ねえねえこれ、スカジャンみたいだねえ 」

 ときたもんだ。

 ざばっ!

 わたしの高揚に、水を注す音がきこえたとかきこえないとか。

 いいえ、だーりん。違うのよ。こっちがスカジャンのオリジナルなの。

 横須賀あたりのベースにきていた米兵さんのあいだで流行ったという和柄を刺繍した派手なジャンバーが横須賀ジャンバー、略してスカジャン。

 真似したのはあっちです! 似てて当然でしょ!!

 声を荒げるわたしにだーりん、続けて曰く。

「 ははは~、そうだね。でもさあ 」

 でも、なに?

「 コレ、リバーシブルにしてもいいよねえ 」

 ああ、ああ、はい、はい。

 ぢゃ、トラ背負ってアメリカさん気取ってウェディングバンケットするとでも?

「 ううーん。それだったら、パンダなんて可愛くっていいねっ! 」

 プッ ・・・ 

 笑ったのは、ちかぞうじゃありませんよ。衣装やさんの係のお姉さんですよ、もう。

 ああーん、恥ずかしかったよぉ。

 どうせ、犬も食わない喧嘩だって思われたんだろうなあ。

 月初め & 衣装合わせの収穫。その1 : 新郎のお羽織にはカッコいいニッポンが詰まっている。その2 : だーりんに下心はありそうにない。あったところでパンダレヴェル。以上。


 素敵な8月になりますように。

| | Comments (0)