June 14, 2010

屋久杉の息づかい 渡辺 重 作品展

2010年6月14日(月)


 6月9日(水)付の記事 でもご案内した

 「屋久杉の息づかい 渡辺 重 作品展」

 一昨日の土曜日、行って参りました~。

20100614_01

 愛知県刈谷市にある会場のカフェギャラリー 雅趣Kujira
さん、なんでも大正時代に建てられた古民家だそうで、仏具屋さんのご隠居さんが暮らしていたのだとか。ちょこっと 『陰翳礼讃』 を思い出しちゃう佇まい、ところどころに遊び心も潜ませつつ、なかでも仏具職人の見習いさんたちにつくらせたという天井は、黒漆に金蒔絵がなんとも素敵でございました~。

20100614_02

 さて、肝心の作品たち、ですが。

20100614_03

20100614_04

20100614_05

 あああー、写真がうまくないですね ・・・ がっくし。

 屋久島を訪れたことのある方なら、ひょっとしてご理解いただけるのではないかと思うのですが、あの島には神様が宿っている、ような気がするのです。その敬い恐れるべきものの語りかけが、自然の造形に現れているとするならば、屋久杉を使って○○を作ろう、というよりむしろ、屋久杉の現在ある姿に寄り添うように (屋久杉の息づかいに耳を澄ませるように) 形作られる彼の作品たちには、そんな神々の想いのかけらが込められているのかもしれません。まだ耳を澄ませるのに精一杯で (とはいえ、耳を傾けることすらなく日々を過ごしている人が自分も含めて大多数なのだと思いますが) 対話するまでには至っていないな、と感じられる作品もありましたが、それでも彼がこれからますます真摯に屋久杉と向かい合っていったら、どんな世界をみせてくれるんだろう、と、そんな期待も抱かせてくれる作品展でございました~。

 そうそう、それで彼の作品、というより、屋久杉にちょっと感動しちゃったことがありまして、蛇足ながら付け加えれば、屋久杉には光明と呼ばれる、まるで月明かりが水面にゆらゆらと揺れるような杢(もく)が現れることがあるんだそうで ・・・

20100614_06

 ・・・ これらのお棗にはまさに、その光明が出ているのですが、写真手前のお棗をご覧いただけますか? その揺らめきは写真を撮っているちかぞうの影すら照り返し、影のかからないところより却って映えてくるのです。この不思議さは曜変天目にも似て、夜の海を見つめているような、ゾクゾクする美しさなのでありました~。いいモノ、拝見しました。眼福です。

 「屋久杉の息づかい 渡辺 重 作品展」 は、今月22日(火)まで、名古屋から電車で20分ほどの愛知県刈谷市で開催されています。カフェギャラリーなので、のんびりお茶を楽しみながら ・・・

20100614_07

(ちかぞうが頼んだ南高梅ジュース。付け合せのかりんとうも美味)

 ・・・ 悠久の屋久島時間を、過ごされてみては如何でしょうか。下記、再びのご案内になります。


・・・作品展のご案内・・・

屋久杉の息づかい  渡辺重作品展

屋久杉で作った花器、器、茶道具などを主に、
下記の日程で作品展をひらきます。
よろしければ遊びにお越しください。
11日(金)~13日(日)は作者もおります。

6月11日(金)~22日(火)

雅趣Kujira
愛知県刈谷市御幸町1-301
電話 0566-25-9337
10時~18時  水、木曜日は定休日です。
最寄駅 名鉄三河線 刈谷市駅より徒歩1分

http://www.h5.dion.ne.jp/~g-kujira

杉の舎 渡辺重

http://www4.ocn.ne.jp/~v.sennin/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2010

【ご案内】一葉來福 ~中国で出会った茶のある暮らし~

2010年5月21日(金)


 今日は、ご案内をさせてください。

 明日 (22日) から、学芸大学駅そばの喫茶店 「平均律」 にて、ちかぞうの友人で、中国茶への造詣も深い長晃枝 (ちょうあきえ) さんが、初めての写真展 『一葉來福 ~中国で出会った茶のある暮らし~』 を開催します。

 「平均律」 はまだ昭和の頃、原宿の一角にあった知る人ぞ知る喫茶店。学芸大学に居を移してからしか、わたしは訪れたことがありませんが、例えば大切な人にメールより手紙で想いを伝えたくなる、そんな場所です。少しだけ重たい木の戸の向こう、柱時計がのんびりと時を刻む中、彼の地のお茶物語はどんな調べを奏でてくれるのでしょう。いまからちょっぴり、そわそわしているちかぞうです。

 皆さまも美味しいお茶とともに、一葉来福なひとときをどうぞ。

・・・・・写真展のご案内・・・・・・・・・・・・・


 一葉來福


 長 晃枝写真展

 一葉來福 ~中国で出会った茶のある暮らし~

 2010年5月22日(土)~6月5日(土)

 珈琲と紅茶とバロック音楽 平均律

 目黒区鷹番3-7-5 2F  03-3716-6537

 東横線学芸大学駅 西口より徒歩0分

 www.heikinritsu-cafe.com


 月曜日   12:00~18:00

 火~金曜日 12:00~22:30

 土曜日   12:00~21:00

 日祭日   13:00~21:00

 ※5月24日(月)は臨時休業となります。ご注意ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2010

ごちそうさま!~藤枝茶摘編~

2010年5月2日(日)


 さて、藤枝の茶摘体験でございます。

 先週末、お友だちの紹介で 「人と農・自然をつなぐ会【無農薬茶の会】 」 の 「第34回お茶摘み交流会」 に、だ~りんとコチカゾウと、家族3人で参加して参りました~。

 会場を目指す母娘、口ずさむ歌はもちろん 「なつもちーかづーくー」 であります。 

20100502_01

 それにしても今回の交流会、いやぁ、美味しかったです。もうそのひと言に尽きます。交流会は1泊2日の日程で、お茶摘体験は2日目だったのですが、会場に着くなり ・・・

 こんなのや、

20100502_02

 こんなのや、

20100502_03

 こんなのが、

20100502_04

 い~い香りをさせているのですもの。ぐぅ(←お腹の鳴る音です)

 そして、お茶を揉み揉みさせてもらったり、

20100502_05

 そば打ちをさせてもらったりしている間にも、

20100502_06

 竹筒で、おこわがぐつぐつ。

20100502_07

 コチカゾウは、生まれて初めての猪肉に魅せられて骨までしゃぶり、

20100502_08

 アメリカでお茶関係の記事を専門に執筆しているライターさんの講演などを聞いたり、盛りだくさんに過ごしている内に夜の大宴会に。

 そのおかずが、また素晴らしい。

 家族総出で摘んできてくださった、山菜のてんぷらに、

20100502_09

 肉あり!

20100502_10

 朝採れタマゴあり!

20100502_11

 いまが旬の筍あり! またこのあたりは、シイタケの名産地とのことで、シイタケもうま~ッ♪

20100502_12

 コチカゾウの沈没後も、だ~りんとちかぞうは夜中まで地酒に酔いしれて、さて翌朝は6時半からお餅つき。

 みかん入りのお餅、なんて初めて食べました。さわやか~。

20100502_13

 お茶入りのお餅もありました。お写真撮るの忘れちゃいましたが。がくっ。

 お餅と朝ごはんで腹ごしらえを済ませると、いよいよメインイベントのお茶摘みへ。

 茶畑は、山の上。こんな崖をよじ登り、

20100502_14

 山のあなたの空遠くに、藤枝と焼津の町を眺めながら、

20100502_15

 お茶摘みです!

20100502_16

 ここの茶畑は完全無農薬なので、お茶を摘みながらちょっぴりつまみ食いできるのも、うれしかったなあ。

 そして 「腰痛~いッ」 とか悲鳴を上げつつも、アッという間にお昼ご飯。青空の下、広げたお弁当のこれまた美味しかったこと!

20100502_17

 山から下りてくる途中、コチカゾウはお茶摘みのお仲間から、虎杖(いたどり)を採っていただいてモリモリ。酸っぱじょっぱい味が、いたく気に入ったようでした。

20100502_18

 そんなこんなで、本当に食べてばっかりの2日間でした。えへ。

 お茶摘みは実際にやってみると、ほ~んのちょっとの時間でもヘロヘロになっちゃうんですね ・・・ お茶がわたしののどを潤してくれるまでに、大自然の力はもちろん、さらに土を作り、茶樹を育て、ことしのような異常気象にも向き合っているお茶農家さんたちの力があり、それこそ途方もないほどの手が掛けられ、心が懸けられた道のりがあるんだなあ、と。そんな当たり前のことに、少しだけ気付けたかな、と。これからはもっと有難く美味しく、お茶をいただけそうな気持ちがいっぱいで、帰って参りました!!!

 無農薬茶の会の皆さま、そして当日お世話になった皆々さま、ありがとうございました!

 ビバ、藤枝! ビバ、藤枝茶!! ごちそうさまでした~ッ!!!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 14, 2005

本日のお茶菓子♪

2005年2月14日(月)


 準備中デス★

| | Comments (0)

August 25, 2004

鶴屋八幡さんの朝顔 その2

2004年8月25日(水)


 ちかぞうの母は、食いしん坊です。あの親にして、この子あり。

 先日 ( 今月15日 ) 畠山記念館でいただいた鶴屋八幡さんの朝顔が美味しかった、と申しましたら彼女、即効 ( ! ) で買って参りましたデス。ははは、つける薬なし。

 ところでご覧ください、この朝顔。

20040825.JPG

 そうなのです、鶴屋八幡さんの朝顔のお干菓子には、2種類あったんです。

 この前いただいたのは、落雁。今日いただいたのは、琥珀糖。

 琥珀糖、というのは寒天に砂糖などで甘みを加えて乾かしたお干菓子であります。表面が硬く、中が柔らかくなるのは寒天の濃度の違いによるのだとか。少し強く押すとピシッとひびが入るさまに、凍てつく水面を思い出してみたりなんかして。蝉の声を聞きながら、冷蔵庫からそっと取り出してしゃりしゃりつるんっ ・・・ 琥珀糖のひんやりとしたおいしさたるや、ああーんっ。たまらない夏の醍醐味であります。

 過ぎゆく季節を想いながら、親子3人で朝顔をポリポリいただいてしまいました。控えめであとを引かない甘さが、またよきかな。

 ちなみに葉っぱは、薄くて堅い砂糖菓子。食感は、ぽりんっ。

| | Comments (0)

August 23, 2004

本日のお茶菓子♪

2004年8月23日(月)


 本日のお茶菓子は 「 夏木立 」 、ご製は横浜の 「 寿寿喜家 」 でございます。


20040823.JPG
夏木立
( 寿寿喜家 )


 とろりん葛のなかに二色のあん、緑色と小豆色。緑のあんがなければきっとフツーの水まんじゅう ( 笑 ) 。でも、このひと手間が涼風吹き抜ける木立を想わせるのだから、不思議。

 これぞ、和菓子マジック♪

 ちょっぴり残念だったのは、今朝がとってーも涼しかったこと。ぜいたくをいえば、暑い日にいただけたら有難さ倍増だったかなあ。

お茶花追メモ: ムクゲ、金水引、ホトトギス ・・・ と、あとひとつ。忘れてしまいました ( 涙 ) 。

お稽古追メモ:
 入子点と大津袋。入子点は予定通りだったので予習済みでしたが、今日は生徒が少なかったので大津袋のお勉強まで! 不意打ちは期待通りの結果と相成りました。身体で覚えてしまわないとね ・・・ がっくり。来週は四ヶ伝のお免状の申請をします。少しずつ少しずつ、一歩一歩。

| | Comments (0)

August 19, 2004

日本三名菓だ!越乃雪

2004年8月19日(木)


20040819.JPG


 お茶のお稽古仲間から、越後土産に 「 越乃雪 」 をいただきました!

 大和屋さんのホームページによると ・・・

 長岡藩 ・ 牧野忠精侯から 「 実に天下比類なき銘菓なり、吾一人の賞味は勿体なし、これを当国の名産として売り拡むべし 」 と認められ 「 越乃雪 」 の名を賜わったとのこと。米百俵で知られる小林虎三郎も、師と仰ぐ佐久間象山への贈り物としていたとか。高杉晋作が亡くなる10日ほど前 「 ことしの雪見はもうできなから 」 と見舞いにもらったこの菓子を、傍らに飾ってあった松の盆栽にふりかけて雪見の名残をした、なんてエピソードも泣かせるではないですか。

 ・・・ さて、そのお味は。

 指もて粗く弄べばほろほろと崩れ、

 そそーっと口に運べば一瞬ののちに姿は消えゆき、

 口中、再びその影を求めれば、

 なんともいえず上品な甘みが、いつまでも残るのみ。

 ・・・ 待たれるは雪解け、雪が解けたらあの人に会える。凍えた手で文をかき抱けば、その芳香にしばし陶然と。

 イメージとしては、そんな越後娘の恋。フウ。

 この 「 越乃雪 」 、越後の上等のもち米でつくった寒ざらし粉に和三盆糖を加え、ご当地の湿気でねかせたものを配合して型で固めてつくるんだそうですが、実に贅沢な味わいでございました。

 さすがの高杉晋作も 「 越乃雪 」 を盆栽にかけた後、コッソリ指をなめたと思うなあ。

 ところでこのお菓子さん、日本三名菓のひとつです。金沢 ・ 森八さんの 「 長生殿 」 と ・・・ あとは2説あって、松江 ・ 風流堂さんの 「 山川 」 もしくは博多 ・ 松屋菓子舗さんの 「 鶏卵素麺 」 、で三名菓。長生殿は兼六園を観にいったときにいただきましたが、大変美味しゅうございました。山川と鶏卵素麺も、食べてみたいものであります。鶏卵素麺には 「 素麺に似てますが、お湯はかけないで 」 なんて但し書きがあるとか。ほんとかしら。

 なんだか食べてばっかりの今日この頃。夏バテ防止にはやっぱり、甘味ですよ、甘味! まだまだ行きます! えいえいおーっ!

| | Comments (0)

August 18, 2004

小布施らくがん食べ比べ?

2004年8月18日(水)


20040818.JPG


 昨日訪れた服部サンリツ美術館の喫茶室にて、一服のお茶とともにいただいたおやつデス。

 向かって左が小布施堂さんの 「 小布施楽雁 」 。

 向かって右が桜井甘精堂さんの 「 花逢瀬ひとひら 」 。こちらはキャンディのようにくるくるっと包まれての登場でした。

 信州が誇る小布施の老舗2軒。どちらのらくがんも赤豌豆を練り混ぜたものですが、お店のホームページによれば小布施堂さんは特上の栗蜜を、桜井さんは最上級の砂糖に和三盆を加えているのだとか。

 となると、徳川三大果の栗の里としては小布施堂さんに軍配?

 けれど小布施の古名という 「 逢瀬 」 を菓銘とした桜井さんも、やっぱり素敵だったりして。いやいや、落雁を 「 楽雁 」 とした小布施堂さんだって負けていません。肝心のお味はどちらも香ばしくて、だーりん曰く 「 麦こがしみたい 」 ・・・ ううーん、確かに ( 笑 ) 。素朴な味わいは、甘すぎないところがちかぞう好み。ふたつの大きな違い、といえば噛み心地でしょうか。小布施楽雁は 「 ぽりっ 」 、花逢瀬ひとひらは 「 こりっ 」 ・・・ これってもしかすると、保存の具合によるのかもしれません。

 服部さん、ごちそうさまでした。きっとまた、お茶をいただきに参りますね。

追メモ: サンリツ服部美術館の抹茶セットは350円。諏訪湖を眺めてのティーブレイク、展示の名品オーラがすさまじいだけに乙なモノです♪

追メモ: ちなみに徳川三大果とは? 紀州みかんに甲州ぶどう、そして小布施の御献上栗。

| | Comments (0)

August 17, 2004

圧巻!服部コレクション

2004年8月17日(火)


 今日はだーりんと一緒に、上諏訪まで旅してきました。

 彼は川崎から、わたしは東京の町田から、青春18きっぷを駆使しての日帰り旅行。今回の目的は、なんといってもサンリツ服部美術館の 「 茶道具の美 『 時代を超えた名品 』 」 展でありまして、日本にふたつしかない和物茶碗の国宝、本阿弥光悦作の白楽茶碗 「 不二山 」 を拝見して参りました。


20040817_01.JPG

( 実物は上部がもっと白っぽくて、味わい深いんですよ~っ )


 このお茶碗、光悦さんが愛娘のお嫁入りの際にお振袖に包んで持たせたものなのだとか。よって別名、振袖茶碗。自分で箱書まで付けちゃって、それも作者自らが箱書付けをする 「 共箱 」 の風習はこのときにはじまったというから、光悦パパの娘への愛情は計り知れないものがあります。いいお父さんだなあ、本阿弥光悦。

 個人的には、国宝の不二山より、別に出ていた織部の水指の方が好きでしたが、美術館刊行の名品聚に掲載されていないところを見ると、いわゆる 「 名品 」 ではないのかしらん。それにしたって服部一郎さんのコレクションは、それほど大きくない展示室を見終えるとぐったりするほどの充実ぶり。片道4時間の道のりではあれど、きっとまた足を運んでしまいそうな美術館でありました。

オマケその1:

 上諏訪駅のホームには、なんと足湯があるんですねえ。

20040817_02.JPG

 電車を待ちつつ、旅の疲れを癒すにはぴったりでしたよ。

オマケその2:

 諏訪、そして諏訪湖といえば 『 本朝廿四孝 』 の八重垣姫のラヴ ・ ステージ! 諏訪湖をバックに、姫を気取ってハイ、ポーズ!

20040817_03.JPG

「 勝頼サマ~ッ 」

 ちなみに後ろに見えるのは、八重垣姫の石像です。すんごいデカくて、びっくし。

| | Comments (0)

August 16, 2004

本日のお茶菓子♪

2004年8月16日(月)


 本日のお茶菓子は 「 秋便り 」 、 ご製は横浜の 「 寿寿喜家 」 でございます。


20040816.JPG
秋便り
( 寿寿喜家 )


 しっとりとした白生地にほのかに混ぜられた萌黄の生地。なかにはほんのり甘いこしあんが入っています。透明な寒天のうえに小豆がひとつ、そしてその傍らには少し固めの寒天で、赤とんぼがひゅいひゅいーっと。

 夏草のなかに湧く泉、涼みにきた赤とんぼ。

 嗚呼、まもなく秋なんだなあ。

 味一徹! なんて立場で語ってしまえば、上にのっている寒天たちは必要ないようにも見えるでしょう? いわゆるビジュアル重視のただのお飾りだな、と思いました、ちかぞうも。そんな風流を解さないようでは、和菓子を食す資格はないと言われてしまうかもしれませんが ・・・ と~ころがどっこい、和菓子ワールドはそんなにペラペラなものぢゃなかった! 口に含めばわかる、寒天の歯ざわり舌ざわり、これぞ甘味にて涼むということ。かすかな涼感こそ、まさに 「 秋便り 」 だったのでありマス。

 じじーんっ ・・・ 和菓子の世界は深いですねえ。

 寿寿喜家さん、いつもありがとう。


お茶花追メモ: ムクゲ、金水引、嫁菜菊 ( = 薄紫色の野菊 ) 。

お稽古追メモ:
 今日は入子点 ( いれこだて ) 。柄杓も棗もあらかじめ棚に飾りつけておき、新しい曲げの建水に茶碗を仕込んでお茶室に入る、また最後は建水のみを持って下がる。つまり立ち居が少なく、お道具の運びも通常より楽にできるように簡略化されている。よって年少者やお年を召した方、ハンデのある方にも親しみやすいお手前とのこと。正座をせずに済む立礼なども含め、こういったユニバーサル茶道 ( ? ) は案外知られていないような。来週も入子点を勉強します。

| | Comments (0)