« パセラ「ハニートースト」 | Main | 夫婦、そして子のアムール »

January 23, 2011

源 吉兆庵「粋甘粛」

2011年1月23日(日)


 ご近所の寿司職人のおじちゃま (参照:当ブログ2010年9月15日付記事) のお孫さんがことし成人式だったとかで、ちょっと前に、お祝いのお菓子のおすそ分けを頂戴致しましてございます。

源 吉兆庵粋甘粛

20110123_01

(おかめさんの包みは別のお菓子です)

20110123_02

 干柿の真ん中にサラリ白あん。それが丸ごと薄い羊羹に包まれて、さらに施されたみじん粉(もち米の粉)のお化粧が、軒に下げられた干柿さながらで可愛い~。ヘタのところにうっすらと付いている、羊羹だけの部分もまた美味かな ←お行儀悪いの分かっているのだけれど、ついヘタを舐めてしまうワ。

 そして! このお菓子の最強サプライズは、食卓の柿(特に干柿)には決して手をつけない我がだ~りんをもってしても、

 「 あ、これなら ・・・ 」

 と、食いしん坊妻の期待をまんまと裏切って、かる~く完食できちゃったところでしょう。加えて、柿を愛するワタクシをも十二分に満足させるだけ、しっかりと柿でもあったところがミステリー ・・・ 一体全体どういうカラクリなの、源 吉兆庵さん?

 それにしても、寿司職人のおじちゃんのお家からいただくものは、お寿司&食材に限らずお菓子も、必ず美味しい。おじちゃん、いつもごちそうさまで~す!

|

« パセラ「ハニートースト」 | Main | 夫婦、そして子のアムール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 源 吉兆庵「粋甘粛」:

« パセラ「ハニートースト」 | Main | 夫婦、そして子のアムール »