« ZAMZAN'BANSHEE @ LIQUIDROOM | Main | オカピサンデー@ズーラシア »

February 26, 2009

恵比寿映像祭@東京都写真美術館

2009年2月26日(木)


 昨日、のことです。

 恵比寿映像祭

 に、東京都写真美術館 まで行って参りました。

 アレで、入場無料なのはすごい。
 特に、東京都民は恵比寿へゴー!

 ( だって都立の施設ですもの。都税を取り返すチャンス!? )

 概要のご紹介については、コチラ(↓)をご覧いただければ。

 ウェブサイト「東京の観光」 トピックス・イベント情報

 ちなみに、ちかぞうが書いた記事です。えへへへ。


 ところで、最先端系?のゲージュツ作品というと、
 どうしてもキワモノというか、少し怖いというか、
 居心地が悪いというか。
 イメージとしては、太陽より、月? ルナティック?
 いや決して、キライぢゃないんですけれども。
 もっと心温まるモダンアートってないのかしらん。
 それを考えると、教育テレビってすごいです。
 なかでも 森山開次さん の「踊る内臓」なんて、
 あの許容と拒絶の崖っぷち(NHKとしてもギリギリ?)で、
 甘酸っぱくて胸キュンなところが、たまらんのです。

 ♪ 五臓うかれて 心うかれて 踊り出す~ ♪

 ( ← 尾藤イサオさんの声でお願いします )

 嗚呼、そして忘れてはならないのは、岡本太郎さん。
 あの方は、月より太陽、いえ、むしろ宇宙。
 爆発ですもの、ビッグバン。どかーん。


 話が大々的に逸れましたが、恵比寿映像祭、
 3月1日(日)までです。

 「 エイゾウッテナンナンダ??? 」

 という疑問符で、
 脳味噌のシワが、埋め尽くされること請け合いデス。

|

« ZAMZAN'BANSHEE @ LIQUIDROOM | Main | オカピサンデー@ズーラシア »

Comments

踊る内臓、
私はぎりぎり拒絶なの…。

でもその挑戦っぷりはすごいと
思ったりなんかするわけで…。


都民じゃないけど恵比寿へゴー、
したくなりますわ。

Posted by: ひみなゆ | February 26, 2009 02:00 PM

コメントありがとう。

そっか、ギリギリ拒絶なのですな。
やっぱり、人それぞれってことですね。

子どもの頃から「踊る内臓」を観て育つと、
もしかしてキワモノへの免疫力とかが、
育ったりするんでしょうか。

恵比寿映像祭には、ドキドキさせられますわよ。
よかったら行ってみてね。

Posted by: ちかぞう | February 27, 2009 09:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恵比寿映像祭@東京都写真美術館:

« ZAMZAN'BANSHEE @ LIQUIDROOM | Main | オカピサンデー@ズーラシア »